Kimono Higasa exhibition from 6/2 through 6/3 of 2017

Retour du Bonheur ~幸せの再来~ 柴田民緒着物日傘展

 2017年6月2日(金)から3日(土)の計2日間、大阪府高槻市のギャラリー「アートデアート・ビュー」にて、個展「Retour du Bonheur ~幸せの再来~ 柴田民緒着物日傘展」を開催いたします。

 

 「和」の着物にオリジナルの「洋」のスパイスを加えてリメイクした色とりどりの日傘の花を咲かせます。四季の自然あふれるお庭のある古民家ギャラリーへ“心地の良い非日常のひととき”をぜひ味わいにお越しくださいませ。個展のために特別にチョイスした美味しいお茶をご用意してお待ちしております。

 

 本展は、古くて着物としては使えなくなってしまった日本の伝統美である着物を「リメイク」という方法により、用の美を追求した日傘に再び生まれ変わらせ、着物そのものと、それを見て頂いた方々の心に再び幸福な気持ちを呼び起こしたいという想いを込めて、すずらんの花言葉であるフランス語「Retour du Bonheur」(「幸せの再来」という意)を個展のタイトルに冠しています。

 

<展覧会概要>

展覧会タイトル:

「Retour du Bonheur ~幸せの再来~ 柴田民緒着物日傘展」

会期:2017年6月2日(金)-6月3日(土)

開廊時間:6月2日(金)11:00-18:00/6月3日(土)11:00-17:00

会場:アートデアート・ビュー(大阪府高槻市北園町13-30)

tel 072-685-0466

http://www.artdeart.jp/

展示内容:着物リメイク日傘

作品点数:20数点を予定

参加作家:柴田民緒(CASAリメイク作家) 

 

作家プロフィール:1976年奈良県生まれ。兵庫県伊丹市在住。傘リメイク雑貨ブランド「Casa de Paraguas」代表。プライベートでは小学生1男児の母。モットーは「ナンバーワンよりオンリーワン☆」。肩書きの「CASA」は、①スペイン語の「家」という意味の「casa」②音から取った「傘」、この2つの意味を含み、自宅内のアトリエにて傘に関するリメイクを行う作家という意味で「CASAリメイク作家」とオリジナルの肩書きを自称している。日傘制作歴3年目。

 

作家コメント: 

「リメイク」というひと手間 ~the magic of remake~

そのひと手間の魔法をかけることで、お気に入りや思い出があるけれど捨ててしまうしかないものを素敵に生まれ変わらせて、その作品を手に取った方がより幸せな気分になってもらえますようにという理念で、日々活動しています。

 

専業主婦、OL時代のリメイクの趣味、そして無類の傘好きが高じて2014年初夏よりすべて自己流の手探りで日傘の制作をスタートしました。それから2年半、おかげさまで全国のお客様よりオーダーメイドのご依頼を頂き、沢山の日傘を作らせて頂くことができました。まだまだ未熟ながら、ここまでのCASAリメイク作家としての作品制作の集大成を皆様に見て頂きたく人生初めての着物日傘の個展を開催することを決めました。

 

【コンテスト受賞履歴】

*第3回ジャガーミシン作品コンテスト(リメイクコンテスト):クロバー賞受賞

*tetoteハンドメイドアワード2014:最終ノミネート作品の1つとして選出

*tetoteハンドメイドアワード2015:最終ノミネート作品の1つとして選出